20年近く前、未だ銀座は現代美術のギャラリーが元気だった頃、中でも村松画廊は勢いがありました。
一度個展を開いてみたい・・・と思い立ち、無謀にも展覧会を決行したときのものです。
 空間をまっすぐに切り裂いたように見える細い棒状の部分が漆で、小さな自然石に引っかけてあります。

後は当時の流行で「ミクストメディア」(=多種多様な素材)です。