第二回目の六本木(SAVOIR VIVRE=サボア・ヴィーブル)での個展のものです。
あらゆるものに挑戦的な時代でしたので、

DMも本来裏側にある作品作りの制作現場を表側に出してみました。