今の鎌倉彫はダサイ!・・・・と正直感じていました。でも「いつかモダンに再生させてから世の中に出してみたい」
と鎌倉彫ルネッサンスのような秘めた想いも持ち続けていました。
 丁度この年、それまでストイックに装飾を抑えてきた表現を一端休止させ、
まるで「転向」の様な決意で
「キンキラキン」の装飾の世界に突入しました。
 ぼろくそに言われるだろうな〜・・・と腹をくくっていたところ
豈図らんや・・・
とても評判が良かったことに驚かされました。
 このDMは、そんな記憶が鮮明に蘇ってくる僕にとっての宝物です。