彫りは定番となり,大きさのバリエーションの要求が出始め
作品がだんだん大きくなり始めました。