初めての海外(ドイツ)での個展のものです。
フィルムの原画を直接使うという突飛なアイディアをすんなりと評価し受け入れてくれたことに
拍子抜けする位うれしかった記憶があります。