ドイツでのDMのコンセプトを日本の画廊でも使ってみました。(二番煎じかな?)。